ウィッシュとストリームの違いは?どっちがおすすめ?

ウィッシュ

トヨタのウィッシュとホンダのストリーム、どちらも5ナンバーサイズでありながら大人数を乗せられるファミリーで出かけられたり、レジャーで荷物をたくさん積みこむのに適しているため

どちらも気になる2台ですね。

 

この2台、性能面は非常に似通っておりどちらにするべきなのかという点で悩む方も多いかと思います。

 

そこで今回はこの2台、ウィッシュとストリームの違いについて調べてみました。
この記事がどちらにしようか決めかねているという方の選択の一助になればと思います。

 

 

見た目ですぐわかるのは車高の差

 

とても似通った2台ですがわかりやすく違う点として車高の違いが有ります。

 

ウィッシュよりもストリームは車高が低く、なんとか一般的な立体駐車場へ乗り込めるサイズになっています。

 

一方ウィッシュはその車高のため乗り入れできる立体駐車場に限りが出てくるでしょう。

 

この点は生活スタイルや使用スタイルにより大きく影響をおよぼすので大事な点ではないでしょうか。

 

 

居住性は意外に互角

 

上記の記事によりウィッシュに比べ、車高の低いストリームは居住性が悪くなりそうな感じがします。

 

しかしストリームは重心自体を低く設定しており居住性を確保、ウィッシュに負けず劣らずの結果でした。

 

また、その低い重心により、乗降性にも優れていると言えるのではないでしょうか。

 

3列目シートはどちらも十分なスペースを確保しており窮屈さを感じるものではないようです。

 

 

シートアレンジ性能はウィッシュが一歩進む

 

こちらもウィッシュもストリームもどちらも好印象でした。

 

3列目を畳んでの広いスペースを確保し大量の積載量を積み込める点はどちらも一緒です。

 

違う点を挙げるならばウィッシュは助手席を前方に倒すことで3列目から助手席まで通した長尺物を積み込めるという点でしょうか。
使用する用途がかなり限られたシートアレンジ方法ですが人によってはこれがプラスになる人もいるのではないでしょうか?

 

 

走行性はストリームに軍配か

 

エンジン性能を見るとスペック表を見る限りは2リッターエンジンはウィッシュが上回っていますが実際に両車を乗っている方の意見を見てみると
エンジンの吹き上がりが鈍く加速時のエンジン唸りに不満があるという意見が散見されました。

 

また、ストリームの低重心はハンドルワークの安定性を生み出し特にコーナーでの安定性は素晴らしいものがあります。

 

とはいえウィッシュが劣っているというわけではなくミニバンとしてみれば十分な走行性を持ち合わせています。
あくまでストリームと比べての結果です。

 

 

燃費性能はウィッシュが上

 

ウィッシュとストリームの燃費ですが

 

ウィッシュ 

 

1.8Lエンジン 2WD 16.0km/L 4WD 14.4km/L

 

2.0Lエンジン 2WD 14.4km/L

 

ストリーム

 

1.8Lエンジン FF 13.2km/L 4WD 12.2km/L

 

2.0Lエンジン FF 14.2km/L 4WD 12.2km/L

 

となっています。

 

カタログ数値を見る限りはウィッシュが燃費性能では上回っているのがわかります。

 

それでは実燃費はどうでしょうか?ネット上に上がっている実燃費を見てみると・・・

 

ウィッシュは大体13km/L?14km/Lといった所でした。ただし街乗りをした場合10km/Lを切ることがあるようです。

 

ストリームは大体11km/L?14km/Lという結果になりました。こちらも街乗りの場合、10km/Lを切ることがあるようですね。

 

このように調べてみた結果、カタログスペックでも実燃費でもウィッシュの方が燃費性能が上であるという結果になりました。

 

 

総合的に見るとストリームの方が良さそうに見えるけど・・・

 

ここまでウィッシュとストリームについて違いを調べてきましたがよくこの2台は似通っていると言われる中でも結構違いが有るということがわかってきました。

 

走行性に優れるストリームに対し、燃費性能に優れるウィッシュという違いが鮮明です。

 

もう一つ。ストリームはすでに生産が終了しているということも大事かもしれません。

 

ストリームはもう世代進化をすることがなく、対してウィッシュはまだまだ進化する可能性を持っています。

 

今はストリームの方が上を行っている部分も近いうちにウィッシュの進化により塗り替えられる可能性が無いとも言い切れないということにもなります。

 

これらの違いを元にどちらを選ぶか考えてみてはいかがでしょうか?