家族構成のウィッシュか、先進技術のプリウスか。

ウィッシュ

車を購入するにあたり、プリウスとウィッシュの選択肢ができた時。

プリウス、車体245万円、燃費35.5、ウィッシュ(1.8S)車体209万円、燃費16.4、ここから一年間の走行距離1万キロとして計算してみます、ガソリン代金は140円としてみます。
ガソリンの差額は年間45929円、ウィッシュがかかる計算になります。
車体の差額では36万円の差がありますが、ウィッシュは値引きが出来る為、実際には更に開くでしょう。
差額の36万円を燃費で相殺するには7年10か月かかります。
もしここで値引きを、15万円以上引き出せれば、差額の相殺するのに11年かかる事になります。
どちらが自分たちの生活体系に合っているか、これらの事柄を加味しておく事をすすめます。

 

ウィッシュの良いところ、プリウスの良いところ

ウィッシュの良いところは。
家族構成が3〜4人の場合では、搭乗者が6〜7人乗せられて、荷物が沢山運べる、そんな車が便利です。
弱点は燃費の問題です。

 

プリウスの良いところは。
今、エコに関しての風潮が高まっていますが、この風潮に乗ってゆくならハイブリッド車になるでしょう、燃費でもかなりの差が出てきます。
弱点は、車両価格、また付帯設備、バッテリー等は価格が高いため維持費も高くなります。
この注目の2車種、どちらを選択するにしても独断で決めず、まず家族の意見を参考にしましょう。
これが、車選びの間違えのない方法です。